沖縄の食品


スポンサードリンク

泡盛の酒器「カラカラ」がおすすめ

沖縄みやげに沖縄のお酒で有名な泡盛を選ばれたならば、
同時に「カラカラ」も購入されるといいですよ。

カラカラとは、泡盛を楽しまれる時に、
泡盛を入れておく酒器のことです。

よく日本酒などを飲まれる時は、
日本酒をトックリに入れてお猪口でお酒を楽しみますよね、

その感覚と同じで、
沖縄では泡盛のお酒の時にカラカラを使うのです。

カラカラは陶器の焼き物ですが、
沖縄では泡盛を、日本酒の様に温めて楽しむことはないので
温めての使用は出来ないのですが、
なんとも言えない沖縄らしい風情のある入れ物だと思うので
沖縄みやげにされてもきっと喜んで頂けると思います。


それにしても、
カラカラとはユニークな名前だと思いませんか?

昔の沖縄地方では、
カラカラはとても貴重な存在で、
よくご近所の家から貸してもらっていたようです。

その「かして」が
沖縄の方言で「から」に聞こえるので
カラカラと呼ばれるようになったという説と、
器の中に陶器のかけらが入っていて、
泡盛がまだ残っているかどうかを確かめる時に、
器を振ってみると
カラカラと音が出る為という説があります。

最近では、陶器のかけらではなくて、
丸い玉が入っているそうなのですが、
お酒を飲む時に音まで楽しめるのは、
沖縄ならではのようでおもしろいですよね。



<<沖縄みやげには是非一度、泡盛と一緒にカラカラも楽しんでみて下さいね!>>




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。